パン好人の実用知識

パン好き、お菓子好きの方に価値ある情報を目指して更新しています。

スポンサードリンク

パン好人の実用知識のおすすめショップ

イーストの違いって?

f:id:t-sato-1211-a:20180507091458j:plain

イースト選びって迷うことがありますよね

基本的なイースト選びはこちらのサイトでチェックしてみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

イーストの基礎知識

イースト選び?

いろんなイーストがあるなか何を買えば良いのでしょうか?

日本タイプや加糖生地用といわれるイーストと無糖生地用、ヨーロッパタイプと呼ばれる大きくわけると2種類あります。

イーストの選び方

2つのタイプどちらがよいかといいますと………

ぶっちゃけて言いますとどちらでも殆どのパンを焼くことができます。

ですから、お好きな方を選んでください。

というと、ちょっと待って!

じゃあ、どうして分けているの?

て思いますよね。

私の考え

わたしの感覚では、2つの差は通常のパンですと

あれ、ちょっと発酵弱いかな?

って思う程度です。

日本タイプの生イーストでフランスパンを焼かなければいけなかった時も製法上それほど、変化はありませんでした。

また、フランスパンに適してると言われるイーストで菓子パン生地を作ったときもそれほど大きな差を感じませんでした。

で、なんで分けてるの?

どちらか選べと言われると迷わず、フランスパンにはヨーロッパタイプ、菓子パンには日本タイプを選びます。

何が違うというと風味が少々違ってきます。

やっぱり、ヨーロッパタイプを使用したフランスパンは馴染みのある香りがします。

菓子パンもやはり日本タイプのイーストで焼くと、ふんわりと優しい香りになります。

ここで注意してほしいのが、比較するとという点です。

ですから、フランスパンも作りたいし菓子パンも作りたいという方はどちらを選んでも良いでしょう。

ここでもう一点

でも、どっちか選んでよっていわれたら、ヨーロッパタイプ一択です。

なぜかと言いますと、これも比較の理論です。

ヨーロッパタイプで焼いた菓子パンより日本タイプで焼いたフランスパンの方が通常の選択で焼いたパンに比べ、変化が大きいからです。

2種類イーストほしいけど、捨てるのもったいないしなどと迷われている方は参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク